「ロットを上げる」という行為と、”一般市民”に立ちはだかる「大きな壁」 - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロットを上げる」という行為と、”一般市民”に立ちはだかる「大きな壁」

どうも。投資家スケーターです。


ロットを上げれば大きく稼げる。




これはトレードをしたことがある人なら誰でも知っていることです。


もちろん、ここまでトレードを学んできているあなたもご存知のことでしょう。




ただ、この「ロットを上げる」という行為には、とても注意を払わなければいけません。



「大きく稼ぎたいから」と、安易にロットを上げるとかなりの高確率で痛い目にあいます。



そして、


”ゼッタイにロットを上げてはいけないタイミング”というものがあるということを、あなたはご存知でしょうか?



さらに、


ほとんどの人が、このロットを上げるタイミングを間違えた為に、相場から退場することになっているという事実をご存知でしょうか?



今回は、その「ロットを上げる」という行為について考えると共に、

”ゼッタイにロットを上げてはいけないタイミング”とはいつなのか?その理由は?ということについて考えていきます。



応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)

ロットを上げる、その前に





トレードの収益とロットの関係。


これは切っても切り離せないほどの深い関係で結ばれています。




今現在、100通貨、1000通貨で練習トレードをしている人は、

おそらく自分の成績を”Pips”ベースで計算しているのではないかと思います。



そして、おそらくロットはいつも単一でやっているのでないかと。




練習段階ではそれでも大いに結構です。




ゆくゆくは、Pipsベースでももちろん、”金額ベース”でも成績を把握するべきであり、

ロットも2章の【①ポジション管理】でお伝えした方法で決めるべきなのですが、

自分の戦略が通用するかどうか?ということや、エントリーのタイミング、利確、損切りなどを、

収益とは関係なしに磨き上げている段階では、単一ロットでトレードしていてもまったく問題はないです。




「トレードの損益=獲得Pips×ロット」なので、

”獲得Pipsベースでマイナスを出さない”ということを、まずは第一関門としてクリアすることを目指して下さい。

(その段階に到達するまでは1万通貨でのトレードは、私はおススメしていません。)




ロットがどうのこうのと考えるのは、その後です^^




しかし”第一関門”といっても、この段階をクリアするまでで結構しっかり大変なものです^^:


ここをクリアするまでの”道のり”だけでも、あなたの”トレーダーとしてのドラマ”が山ほど生まれていることでしょう。




私もそうでした。思う存分、紆余曲折しまくり、珍ドラマが生まれまくりました。笑




しかし、なにも焦ることはありません。



言ってしまえば、

トレーダーとして成長していく過程では、この部分に一番時間がかかると言っても過言ではないので。




なので、この段階では、収益のことは一切考えないものとして、


あなたがトレーダーとして成長していく過程を”楽しむ”という気持ちで、


一歩一歩着実にトレードスキルを身に着けていって頂ければいいのかなと思います^^





私たち”一般市民”のトレードに立ちはだかる「ある大きな壁」







問題はその次のステップであなたに襲い掛かります。





100通貨、1000通貨を卒業して、いざ、1万通貨のポジションでトレードをするような段階に立った時。




こうなった時に、ほとんどの人にとって、それまで”自分が知っていたトレードの世界”が一変します。




なんせ、いままで1Pips=1円、10円だった世界から、いきなり1Pips=100円の世界ですから。




確かに、100通貨、1000通貨から比べると、ロットが10倍、100倍になったので、


”稼げる”と言えば稼げるわけですが、


それ以前の問題として、ほとんどの人の前に「ある大きな壁」が立ちはだかります。





ここで、ちょっと考えてみてください。





あなたは、コンビニのレジの横などに置いてある募金箱に、いくらまでなら躊躇なく入れることが出来ますか?



大抵の人は、おつりで帰ってきた数円、数十円くらいならスッと入れられるんじゃないですかね?




人によっては100円くらい全然入れますよ~という方もおられるかもしれませんね^^





では、






500円は?






1000円は?






5000円は??






きっと、かなりの気合を入れないと、募金箱の上でお金から手を放すことが難しいのではないかと思います。笑




「アタマでは募金しようと決めたけど、

どう頑張っても手がお札を放そうとしねぇんだよ!!」



みたいなことになってしまうことうけあいです。





実際問題、すごーーーーく後ろ髪ひかれませんか?お札を入れるのは^^:





ちなみに私は一度だけ募金箱に1万円が入っているのを見たことがありますが、かなり震えました。


その入れた人は、かなりの人格者だろうということが容易に想像出来ます。



きっとトレードをやらせても、すごいスピードで稼げるようになってしまうのではないかと・・・。





そして、「その1万円をなんとかして取れないものか・・・。」ということが真っ先に頭によぎってしまったあの頃の私は、


間違いなくただの”平凡な一般市民”でした。笑



ぶっちゃけ、考えてしまいませんか?^^;



しかし、その”平凡な一般市民”は、トレードで勝てる技術を習得する過程で、その価値観と腐った根性が叩き直され、


今は1000円くらいなら、なんの躊躇なく募金箱に入れることが出来るようになりました。




1万円の人に比べれば、まだまだカスみたいなもんですが、あの頃の私からしたら考えられない金額です。笑


FXよ、本当にありがとう。(しみじみ)






はい。少し話がそれましたが、





実は、このような心理が、


トレードの場合でもほとんど同じように、あなたに作用してしまいます。







いままでは25Pipsくらいの損切りになっても、


「しかたない。また次のトレードで取り返そう。」


と、冷静なまま爽やかに気持ちを切り替えることが出来ていたはずなのに、




それがいざ1万通貨になると、


「ぬぉぉぉ!・・・に、2500えん!許さん!!許さんぞぉ~!!!今すぐ返しやがれコノヤロウ!!!!」


と、まるで、こち亀の本田がバイクにまたがった時のように豹変してしまいます。
(こち亀の本田って誰?という方はコチラ⇒本田 速人





頭の中の”電卓”





これは1万通貨のポジションを持ったことがある人ならば、誰しもが経験をしたことがあるかと思います。


ここまでの”豹変”はしないにしろ、”一般市民”ならば誰もが、少しは「ぐっ!」となってしまいます。




それはなぜかというと、


”生まれながらにしての大金持ち”ならいざしらず、


ほとんどの人は今までの「経験」として、


”2500円を稼ぐ大変さ”というものを身に染みて知ってしまっているからです。





このことから、




私たちはトレードで「2500円を失った」という事実を受けた”瞬間”に、


「時給800円で約3時間!」


と、条件反射のように”頭の中の電卓”を弾いてしまうのです。




トレーダーとしての歴が浅いうちは、どうしてもこの”電卓”がしゃしゃり出てきます。




また、


この”電卓”が瞬時に弾きだしてしまうのは「時給換算」だけにはとどまりません。




「2500円」=「わ!モスバーガーで贅沢出来たやん!」


「2500円」=「うわ!ピザ頼めたやん!」


「2500円」=「ぬ~、タバコ5箱買えたやん!」



「2500円」=「・・・。今年の正月に5才の甥っ子にあげた「お年玉」と同じ額やーーーーーん!」



などなど、”頭の中の電卓”が勝手に、余計な計算を弾きだしてしまいます。





こうなってくると、もうその人は冷静ではいられないでしょう。




もはやその人の頭の中には、


「その損失を出したトレードから反省して、新しい気付きを得よう。」


なんて考えはほとんどありません。





「とにかく、来年6才になる甥っ子にあげる「お年玉」をなんとしてでも取り返さねば!」


というようなことに、すっかり頭が支配されてしまっていることでしょう。





こうなってしまえばもう、その道が行きつく先は”闇”しかありません。




きっと、再来年7才になる甥っ子の「お年玉」までマーケットに捧げるハメになります。





トレードの技術的な部分とは別の所で、


大きく私たちの前に立ちはだかるのが、この「庶民の壁」です。






「庶民の壁」が出現する金額は、人それぞれ違いはあれど、



この壁は、



ロットを大きくするごとに、




「これで今までよりも大きく稼げるぞ~!」とワクワクしているような人の前に、いきなり姿を現します。





絶対にやってはいけないロットの上げ方






ここで一番やってはいけないことが、その感情に任せて、


「さらにロットを上げて、その失った分を取り戻そうとする」という行為です。





これ、絶対ダメです。





ほぼ確実に、そんな時に思いついたアイディアというのは、

”その時の傷口をさらに広げる”という結果に繋がってしまいます。






でもこれ、みんなすぐに思いついちゃいます。





で、やっちゃいます。





結果、助けに出した船もろとも沈む。






実は、ほとんど人が、このパターンで相場から退場を喰らっています。






コツコツ、冷静に損切りして、


なおも、その断続的な損が積み重なってしまった結果として、



静かに退場。そして、相場に一礼。ペコリm(_ _)m


なんてパターンはほとんどありません。そもそも、そんな紳士は退場にはならない。





なので、万が一あなたがこのような感情に支配されたしまった時は、


「うわ!アレ来た!」


という風に、


まずはその事を意識すること。




その上で、”決して取り返そうとはしない”という姿勢を決め込む。




次に、




ロットを上げたことによって、トレード中の自分の感情にどのような変化が起きたか?ということを分析して、


そのロットでもう少しトレードを続けてみるべきか?減らすべきか?を判断するようにして下さい。




この「ロットを上げる」という部分は、「あなたがどう感じるか?」というところを必ず一番に考えて、それを判断材料として下さい。






ロットを上げるべきタイミングとその基準とは?





基本的には、


「総資産」×「許容するリスク%」÷「そのトレードでの想定される損切り幅」=「ロット数」


というポジション管理のルールに毎回忠実に従っていれば、「ロットをいつ上げるべきか?」という悩みなんか出てきようがありません。





が、これを毎回しっかり計算するのはいちいち大変過ぎる、と。


だから、「総資産」×「許容するリスク%」を、1トレードでの損失が超えないように考えて単一ロットでやってるよ!という、あなた。




・・・・・そこさえ厳守してくれるのであれば、それでもOKです^^





ただ、そんなあなたには「いつロットを上げるか?」という悩みが出てきますよね?




なので、そんな時に役立つ2つの目安をお伝えして、今回はおしまいにしたいと思います。





①「もう、上げてもいいんじゃないかな?」という”天からの優しい声”が聞こえた時





トレードの技術も付いてきた。



自信も付いてきた。



資金もそれなりに増えてきた、と。




そんな時に、ふと、


「もういいんじゃない?ロットを上げても。きっとイケるさ!」


という声が自分の頭の中で聞こえます。




・・・いや、ホントに聞こえるんですって。




これは「稼ぎたい!」という野心丸出しの声じゃないですよ。



ごく自然に、「うん。そろそろ上げようか。」と思える日が、あなたに必ずやってきます。




そのまんまなのですが、


「そう思える時が来るのを待つ」という方法がまず1つ目。





②総資産が3倍になったら上げる





打って変わって、こちらは明確な基準を示してみます。



単一ロットでコツコツ利益を積み重ねてきて、

いつの間にやら総資産が元の3倍近くに増えていた、と。




そうなればもうあなたには、


ロットを2倍くらいにしても全然平気なくらいの実力が備わっているはずです。




もちろん、ロットを上げたことでいつものようにトレードが出来なくなったとなれば、


一度ロットを元に戻して様子を見る必要はありますが、


そこはなんとか気合いで乗り越えれるはず。




人それぞれ、「どうしても超えられないロット数の壁」というものが確かにあって、


それにぶち当たってしまえばもうそこから先へ進むのは難しいかもしれませんが、


その壁にぶち当たれるならもうその人、余裕で自由掴んじゃってます。きっと。




そして、人間とは不思議なもんで、


「いやー、こんなロット持っちゃったらもうドキドキして画面から目が離せないっす!!」


なんて言ってたかと思えば、


1週間、2週間もすれば、余裕で逆指値入れたまま寝ちゃえます。笑



これは、アイツのせいですね^^

(アイツの正体を忘れた方はコチラ⇒【なりたい自分になる最強の方法】)




つまり、実力さえ伴っていれば、後は”慣れ”の問題なのです。





というわけで、



以上がロットを上げるタイミングの2つの目安でした。





それでは今回は以上です。ありがとうございました^^





【PS】



「”ロットを上げる”なんて、今の自分には関係ないよ!」という方も、


遅かれ早かれ、この先かならずぶつかることになるので、


今回のお話は、必ず、頭の隅に置いておいてくださいね^^




「庶民の壁」、というものの存在は、特に。




そして、「庶民の壁」にぶち当たった!と思ったら、すぐにまたこの記事を読んでみて下さい。



きっと、今よりも共感できるポイントが増えているはずです。



そのために、今回はタイトルを見れば、すぐ内容が分かるようにしておきましたので^^




ガンガンこのブログを踏み台にして、トレーダーとしての成長過程を駆け上がっていきましょう!








「”2500円=わ!○○で○○○○出来たやん!大喜利”、おれもやりたい!めっちゃ思いつく!」という方は、応援クリックよろしくお願いします^^


「あ、実は1万円募金したの、私です。」という方も、応援クリックよろしくお願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)



関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。