価格(レート)はなぜ動くのか? - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価格(レート)はなぜ動くのか?

どうも。投資家スケーターです。


FXでも株式でも、「価格(レート)」は常に動き続けています。


今回は、なぜ「価格(レート)」が動くのか?裏側にある背景を考えていきたいと思います。

応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)


まずは相場が動く仕組みを、ざっくりと考えて行きましょう。



為替レートは、ある国とある国の通貨の交換比率を表したものです。


例えば、「ドル/円」であれば、「アメリカの米ドル」と日本の「円」の交換比率を表したものになります。


これが動く原因は「需要」と「供給」です。言い換えると「買い」と「売り」です。

「FX=為替」は色んな要因で動いています。各国の景気動向、金利・物価、投機的(一般投資家やファンドなど)な「売り買い」だけではなく、実需筋(企業などのビジネス系)の買い入れや決済などでも動きます。

あと、「どこかの国でテロが起きた」などの「地政学的要因」などもあったり、もうめちゃくちゃたくさん理由があります。

が、

詳細にはなにで動いているかは、一見してもわかりません。

しかし、原因はなんであろうと、「買い」と「売り」で動いている以外に動く理由はありません。

誰かしらの「ロング」、もしくは「ショート」で動いているということ。


これを踏まえて、次の図を見ていきましょう。
価格はなぜ動くのか?
まずは赤線のドル/円のレートが上昇した場合を考えてみます。

「1ドル当たり110円で交換できますよ~」という状態から「1ドル当たり120円で交換できますよ~」という状態になりました。

これは、円を売ってドルを買う人が多かったということ。

(この状態を、「円安ドル高」といいます。)

なんらかの理由で、ドル/円を「ショート」する人より、「ロング」する人が多かったということになります。

円売り、ドル買いです。

つまり、ドルが買われているんです。



次に、青線のドル/円のレートが下落した場合を考えてみます。

「1ドル当たり110円で交換できますよ~」という状態から「1ドル当たり100円で交換できますよ~」とう状態になった。

これは円を買ってドルを売る人が多かったというこということ。

(この状態は「円高ドル安」といいます。)

なんらかの理由で、ドル/円を「ロング」する人より、「ショート」する人が多かったということになります。

円買い、ドル売りです。

つまり、円が買われているんです。




チャートが上下するのにはこういった背景があります。ただ単に上下しているのではないということ。

「それは、言われなくてもわかっている」という声が聞こえてきそうですが、ここをしっかり理解しておくと、

このことから見えてくるものがあります。


例えば、

ドル/円、上昇

ユーロ/ドル、下落

この場合は、「ドルが買われている。」ということがわかります。

ということは、他の「ドルストレート」の通貨ペアも下落する可能性が高い、ということがわかります。

このように、それぞれのチャートが向いている方向を組み合わせて見ることで、「今、どの通貨が買われていて、どの通貨が売られているか」がわかります。

それを、自分が取引する通貨ペアを選ぶ際に生かすことが出来れば、もちろんながら、有利な戦いが出来ますよね^^


また、

「日本円」は安全通貨という認識が世界でされています。

なので、どこかの国で金融危機が起こったりすると、一気に円が買われる、ということが起こり、

ドル/円のレートが急下落なんてことが起こります。


これも、日々、ロイター通信などのニュースサイトをチェックしておけば、「今のこのドル/円の下げは、○○国の金融危機から来ているものなんだな!よーし、強気で売りポジション保有だ!」なんて判断も出来るようになります。


さらには、「金(きん、ゴールド)」も安全資産と言われているので、金がすごい勢いで買われていたら、「ドル/円も下がるかも!?」なんて予想も立てることが出来ます。



さらにさらに、「ドル/円」と「日経平均株」は似たような動きになる傾向があるので、「「日経平均」が上がったら、「ドル/円」も上がるか!?」と予想することが出来ます。


極めつけは、「お金は金利の高い方に流れる」ということも知っておかなければなりません。




つまり、「各通貨ペアはそれぞれ好き勝手な方向に動いているわけではない」ということ。


そしてさらに言うと「為替は為替の都合だけで動いているのではない」ということです。



なので、FXをトレードするためには少なくとも自分の取引する通貨ペア以外も様子を見ておかねばならないのはもちろん、

金(GOLD)

日経平均株価(JP225Cash)

NYダウ(US30Cash)

原油(OIL)

米国債の10年の金利

などの動きも意識した方がいいです。というか、して下さい^^


ということで、色々盛りだくさんになてしまって、何がなんだかわからない!ってなってる方もいると思いますが、

まずはお使いの「MT4」で上記の銘柄のチャートを探して表示させるくらいはして下さいね^^

(それぞれのトレードへの生かし方は、今後追って説明するので、ワケわからんくなった方もご安心を。)


というわけで、今回は以上です^^

PS.

そもそも、「MT4」ってなに?という方はこちらの記事をご覧ください。





「おれ、今までドル/円のチャートしか見てなかったわ・・・。」という方は、応援クリックよろしくお願いします^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。