トレンドはどこまで続く? - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドはどこまで続く?

どうも。投資家スケーターです。


前回は、今相場が上目線か?下目線か?を見分ける方法を学びました。
トレンド相場を知る ~今、相場が向いている方向の判断をつける~


過去チャートや「Forex Tester 2」で目線を追いかけてみましたか?まだやってない人は、今からでもやってみて下さいね^^

きっと今回の内容がより理解しやすくなりますので。


今回は、「トレンドはどこまで続く?」というテーマで引き続き「トレンド相場」について学んでいきたいと思います。

応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)


前回の「目線のつけ方」、ばっちりマスターしていただけたでしょうか?


実際のチャートで見ると、よくわからんなーという部分も多々あったのではないかと思います。




例えば

b1.png

こんなやつ。


意識される安値を下抜いたのに、また上昇して高値超えてきた!!みたいなやつですね。


こんなのも余裕であり得ます。相場はなにが起きるかわかりませんので。


しかも、このパターン結構見かけますね^^;


とか、
だまし
こんなやつ。

微妙に高値が切り下がってるもんだから、


「お!トレンド転換したか!?」となって騙されて売り注文入れた人の「損切りの買い注文」も入って、ギューンと上に伸びやすくなったりします。



あとは、
b3.png

こんなやつ。


意識される安値を下抜いた後に、高値更新!?その後、また安値を抜いてきた!!いったいどうなってんだこれは・・・。




目線はどっちなんだぁ~!!!




そう、いつの間にか「トレンド相場」から「レンジ相場」に変わっているというパターン。



目線ばっかり真面目に追いかけ続けていると、いつの間にか「レンジ」になったことに気付くのが遅れます。


そして、このパターンはトレンドの中段か天井圏で発生することが多いです。



トレンド相場では「いつ転換するか?」ということ以外にも「方向感がなくなってレンジになる」という可能性も、常に頭に置いておかねばなりません。


というわけで、悩ましいパターン3連発でお届けしましたが、これ以外にも色んな「予想外」のパターンになる時があります。


そう、目線の話を含め、テクニカル分析は「絶対こうなる」とかではないんです。





あくまで、「そう思う人が多い」という程度にしか過ぎません。





そして、ここからが今回の本題です。



この「そう思う人が多い」というのがポイントで、相場の方向性は基本的には多数決で決まります。



よく考えればわかります。




市場参加者の中で、「買いだ!」と思う人が多ければレートは上がるし、「売りでしょ!」と思う人が多ければレートは下がっていきます。


それを踏まえて、トレンドの最中にはいったい何が起こっているのか?どうしてトレンドというものが出来るのか?を考えてみましょう。





アップトレンドだった相場の目線が下目線に切り替わったならば、「相場が下を向いた!」と判断する人が増えます。



が、ここまでアップトレンドで来ていたので、ずーっと「買い場」を探していた人もいて「お!ようやくちょっと下がってきたか!」といって買いで入ってくる人もいたり。



その結果、ジグザグしながらも、レートは下がっていきます。



で、今まで「買い」でポジションを持っていた相場観の良い人は、「ん?これはどうやら下っぽいぞ・・・。」となって「投げ売り」します。



この時点では「いやいや、まだまだわからんでしょ!」といって買いポジションを持ち続けることを選択した人もいます。


しかし、下げ勢いは徐々に増し、ぞくぞくと相場観の良い人たちの手仕舞い売りや新規の売り注文が入ってきて、レートはどんどん下がっていきます。



先ほどの「買いポジション保有」で耐えていた人たちも、「さすがにもうアカン!」となり、強制的に「手仕舞い売り」を入れさせられます。




さらにドーンと大きく下げます。





いままで「売り」で入りたいけどそのタイミングがわからず、指をくわえて眺めていた素人も、そのドーンを見て「いやもう、完全に売りでしょ、これは!」と判断し「飛びつき売り」で参加してきます。相場参加者のほとんどのポジションが「売り」になります。



ここで忘れてはいけないのが、相場参加者は「お金を手にすることが目的」なので、どこかで「利益確定の買い注文(決済の買い注文)」を入れる必要がある、ということ。



最初の方に「相場はアップトレンドから転換した」と判断して、売りで仕込んでいた人たちは、続々と「手仕舞い」を始めます。つまり、「決済の買い」です。




こうして、そのダウントレンドは終焉を迎えます。




どんどん「決済買い」が入り、それに気づいた相場観の良い人たちも続きます。最後の最後に「飛びつき売りをした素人」をしり目にレートはどんどん上昇します・・・。



そして、またアップトレンドが始まり・・・・。





こういったことが、トレンドの中で起こっています。


ただ単にウネウネしているように見えるチャートも、実はそのひとつひとつの値動きに「市場参加者の心理」というものが隠れています。





それが、どちらかに偏り始めた時にトレンドが生まれ、偏り切った時に終焉を迎えます。





ということを踏まえて、またダウ理論さんに登場してもらいましょう。

引用

ウィキペディアより
③主要トレンドは3段階からなる
また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる"底値買い"をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。

利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。


さっきの話はこれのことなんですね。


ダウ理論さんはアップトレンドの場合を言っていますが、ダウントレンドだろうがアップトレンドだろうが理論は同じです。




(ただ、アップトレンドとダウントレンドでは、そのエネルギーの性質が違います。

こちらの記事でも少し触れていますが⇒「ロングとショート」買いと売りではそのエネルギーの性格が違います。



アップトレンドは、市場にエネルギーがじわじわと溜まっていく感じで、その時うっかり売りポジションを持っている人もなかなか諦めがつきません。



少しずつ、「あ、もうやばい。」といって手放すような感じ。比較的長めに、トレンドは継続します。



ダウントレンドは、市場に溜まったエネルギーが一気に放出されるような感じです。買いでポジションを持っている人も一目散で売り逃げていきます。パンパンな風船を針で突いたようなイメージをして下さい。


ということで、ダウントレンドは発生してからすごい勢いで下げて、あっという間に下げ止まることが多いです。)



そして、このことは「エリオット波動」というものに繋がっていきます。⇒エリオット波動とは?byウィキペディア


上記の話をスケーター的にざっくりまとめますと、

b4.png

となり、
b5.png


ということになります。雑で申し訳ないですが、あまりややこしく考えてもしょうがないので。

b6.png


基本的戦略はこれです。


ただし、各時間足が、それぞれにエリオってるので、実際のトレードでは、
b7.png

きっと、こんななってます。

なので、
b8.png

という風に、「4時間のエリオット波動的には第3波」という環境下で、ある程度の自信を持って「15分のアップトレンドを狙っていく」という使い方をします。


別に、そのまま4時間で狙ってもいいですが、あまり長くポジションを保有すると「どうなるかわからない(時間的リスク)」は大きくなりますし、

長期と短期の波が揃ったタイミングはすんなり値が伸びやすいので、

短期のひと波をしっかりとるだけでも利益は十分とれます。何よりストレスが少ないです。




つまり、そこを狙うだけでも十分。





というわけで、今回は「トレンドはいつまで続くのか?」というテーマでいろいろ解説しましたが、

結論としては、

「それはその時になってみないとわからないが、伸びやすい部分と、転換しやすい部分があるので、その伸びやすい部分だけを、短期足でしっかり抜いていきましょう。」

となります。





今回の、ダウ理論さんの「主要トレンドは3段階からなる」=「トレンドは3段上げたら転換することが多い!?」という部分と


エリオット波動の「第3波が最短になることはない」=「方向感が出た次の波が一番取りやすい&伸びやすい」ということを、


過去チャートや「Forex Tester 2」で確かめてみて下さい。





これ、しっかりやったら「あ、ホントや」となり、結構自信つきますよ^^




第1章の「トレード戦略」は具体的なエントリーポイントの話ではありませんが、この内容をしっかり自分で検証して落とし込めば、

かなり強くなれますので、是非とも、毎回最後に出す「ワーク」はしっかりこなして下さいね^^





それでは、今回も最後までお読みいただき、どうもありがとうございました^^





「なるほど。長期の中に、短期が入っているのね。マトリョーシカみたいなかんじね。」という事に気が付いた方は、応援クリックよろしくお願いします^^

いつもありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村




次へ⇒相場のボラティリティを加味する
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。