FXは人間には向いていないシリーズ① ~FXの難易度を劇的にあげてしまっている「ある理論」~ - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXは人間には向いていないシリーズ① ~FXの難易度を劇的にあげてしまっている「ある理論」~

どうも。投資家スケーターです。


FXは上がるか?下がるか?を予想するとてもシンプルな投資です。

単純に考えると勝率は50%になるはず。




それなのに、FXの世界では「勝っている人は1割、残りの9割は負けている」と言われています。



これはなぜなんでしょうか?




その理由はたくさんあります。




今回から数回に分けて、FXの世界であなたが1割の勝ち組に入るために必ず知っておかなければならない「理論・法則」についてお話していきたいと思います。



応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)
people-1099801_640.jpg




新シリーズ始まります






かなりショッキングなタイトルで、今回から数回に分けてお届けする「FXは人間には向いていない」シリーズ。



このシリーズの狙いは、あなたを不安にさせるためのものではなく、初めっから弱点を認識しておいて、他者より圧倒的に有利な状態でFXに取り組んでもらうことです。




このシリーズでお話しする内容は、すべて人間の奥底にある普遍的な概念です。


勝手にそうなっちゃう。わかっていてもそうなっちゃう、的な。





なので、


「いや、おれなら大丈夫。」なんて思わず、謙虚な姿勢で、これからお話しする問題に取り組んでいっていただきたいと思います。







それでは今回の本題に入りたいと思います。





それが”ヒト”の心というもの・・・







いきなりですが、質問です。







問題1) 幸運なあなたはある権利を獲得しました。どちらか好きな方をひとつだけ選ぶことができます。



①無条件で100万円が手に入る


②コイントスをして、表が出れば200万円手に入る。裏が出れば何も手に入らない








さあ、あなたはどちらを選びますか?







「やっ、そんなうまい話はない!これは何かの罠だ!」
といって、”どちらも選ばない”という選択はなしですよ^^









決まりましたか?









では、続いての質問です。




質問2) あなたに200万円の借金があるとします。 幸運なあなたはある権利を獲得しました。どちらか好きな方をひとつだけ選ぶことができます。


①無条件で100万円が手に入る


②コイントスをして、表が出れば200万円手に入る。裏が出れば何も手に入らない









さあ、あなたはどちらを選びますか?








「ややっ、おれはそんな借金は知らん!断じて認めん!」
というところは置いておいて下さい。








決まりましたでしょうか?










真剣に考えて頂いてありがとうございます。







それでは今から、この質問に隠された人間心理を解説していきたいと思います。





まず、質問1)の場合。


わたしならば、即答で①を選択します。

だって、なにもしないで100万円もらえるなら、絶対そっちを選びます。



コイントスをして表が出ればそりゃ最高ですが、万が一、裏が出たらどうします?悲しすぎません?


いや、「万が一」というか、確率は50%です。勝負してもいい気もするが、怖い気もする・・・。



「んー。やっぱそのまま100万円もらっとこ。


ってなりませんか?






続いて質問2)の場合。



ここでさっきと違うのは、あなたに200万円の借金があるという部分です。



つまり、


①を選ぶと、無条件で100万円手に入る。つまり、借金は残り半分。あと100万円マイナス。


②を選ぶと、コイントスで表が出れば借金チャラ!裏が出ればそのまま200万円の借金・・・。



ということになります。




あなたはどちらを選びましたでしょうか?





この質問はとても迷いますね~^^;



なにもせずに借金が半分になるのはかなりありがたいし、①を選んでおいたいい様なが気がする・・・。


でも、②なら50%の確率でいきなり借金チャラだしな~・・・。


ん~。悩ましすぎてハゲそうだ・・・。



・・・。



「ええい!思い切って、勝負してみっか!」




って、なりませんでしたか?





その名は、プロスペクト理論





この2つの質問は「プロスペクト理論」というものを表した心理テストなのです。


この理論は、行動経済学という分野で1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トルベスキーという人が提唱したものです。
(ちなみに、このダニエルさんは2002年にノーベル経済学賞を受賞しております。)、


概要の説明はウィキペディア先生におまかせするとして⇒プロスペクト理論byウィキペディア




いったいこの理論がなんなのよ?というと、




同じ期待値の事柄でも、

人間は利益が出ている時は堅実な方を選びやすく、

逆に損失を抱えているときは、一か八かの方を選びやすい


ということを言っている理論なんです。




で、期待値とはなんぞや?というところですね。



期待値とは、「ある試行を行なったときの、その結果として得られる数値の平均値」のことです。




さっきの質問の期待値を考えてみましょう。



①無条件で100万円が手に入る

②コイントスをして、表が出れば200万円手に入る。裏が出れば何も手に入らない



でしたね。




これらの1回の期待値を考えると、


①はそのまんま、1回の期待値は100万円。


②は2回やったとすると、コインの表が出る確率は50%なので、確率的には2回のうち1回は表が出ます。なので1回の期待値は100万円。



実は期待値の観点からすると、どちらを選んでも、同じなんですね。

(「いやいや、確率50%とはいえど2回とも裏の可能性あるっしょ!」という方、確かにそうです。が、1回の期待値としては同じなんです^^)



ところが先ほどの、



質問1)では60%の人が①の確実に100万円が手に入る方を選びました。自分に負債がない場合は、大勢が堅実な方を選ぶんですんね。(攻めの選択をした残りの40%の方は、投資家としての素質アリですね!)



質問2)では①を選ぶ人は30%に減り、70%もの人が②の50%で借金チャラの方を選んだそうです。




さっきは堅実な方を選んでいた人たちも、自分に損失があると、それを丸ごと回避したくて博徒と化す。


いきなりリスクテイカーに変身してしまう。






これがプロスペクト理論です。





これをトレードに置き換えると、


利益が出ているときは、すぐに利益を確定したくなっちゃう。


損失が出ているときは、一か八か、値が戻るまで待ってしまう。または、今までの損を取り返そうと、リスクを取りまくっていきなり大勝負に出ちゃう。



ということになるんですね~。





つまり、プロスペクト理論では、ヒトは「損大利小」に偏る、ということを証明してしまっているんです。





さらに、ヒトは負けることが嫌なんです。同じ額の利益と損失では、損失の方が遥かに印象に残るということが、行動経済学で証明されています。

(これを損失回避性と言います。)




こんな何とも厄介な心理が、あなたには標準装備されています。というか、すべての人間に。




普通の生活を送るのには、これらのことが害になることは少ないですが、ことにトレードにおいては致命傷になり得ます。






プロスペクト理論に負けないために





トレードで利益を残すために求められるのは「損小利大」です。




損は小さく、利益は大きく、というもの。



利益が出ている時は、そのリスクを残すべきなんです。大きく稼げるリスクを早々に切ってしまうべきではない。(リスクの本当の意味についてはこちらの記事をどうぞ⇒「リスク」の本当の意味



逆に、損失が出ている時は、そのリスクをなるべく早く取り除くべき。




これが、トレードで勝つために求められる姿勢です。


これが出来ないと、トレードでは負けてしまうんです。




これらのことが、上がるか?下がるか?の50/50のはずのFXで利益を残すことを飛躍的に難しくしている原因のひとつです。




なので、トレードをするときは、損小利大を心掛けましょう!^^






と、ここで終わるのが普通のFXブログですが、投資家スケーターはその先まで行きます。




むしろここからが一番重要な部分。すでに結構長いですが、もうしばらくお付き合い下さいね^^




ここまでで、トレードにおいて人間は皆、プロスペクト理論というのもに支配され、「損大利小」に寄っていくという事がわかりました。




ここからわかることは、トレードは人間そのままの心理状態ではどうやっても負けてしまうことが証明されているということです。



どうにも、早く利食っちゃう。


どうにも、損切りできない。




こういうことが往々にして起こりまくる。だから9割の人は負けるんです。




我々はその逆を行かねばならない。半ば無理やり「損小利大」に持って行かなくてはならないのです。




そのためにはどうすればいいのか?





「おれは損小利大なトレードをするんだ!」
と思いながら、

その時々で自分の判断を頼りにトレードしていても、結局はプロスペクト理論に食われます。





なので、




損小利大になるトレードルールをひたすら守ることに意識を向け続けるしかないんです。




まずは、”損小利大になるトレードルール”を作る。

(作る、といっても完全オリジナルでなくても全然いいです。誰かのルールを参考にしてもちろん結構。しかし、絶対それを検証して、自分が納得しなければいけません。その意味で「作る」と言っています。)





次に、そのルールを徹底的に守る訓練をする。




一言で「ルールを守る」といっても、全然簡単なことではありません。




これは訓練なしには不可能です。最初っから、スッとルールを守り続けれる人なんていません。




最初は辛いかもしれません。納得がいかない時もあるかもしれない。


でも、あなたが有効だと信じているルールから逸れ次第、有無を言わさず即損切りです。気合で損切り。



利益の場合は、もっと利益が欲しくても、ルール通りに利食いです。





これらの結果が芳しいものでなければ、その場でルールを感情で無作為に変更するのではなく、そのルール自体を見直すなり、強化するなりして下さい。




いざトレードに入ったら、あなたの感情は邪魔にしかならない可能性が非常に高い。






そして、プロスペクト理論に食われて損大利小になる人たちにはある共通点があります。




それは、



事前に出口を考えていない、ということ。



エントリーしてから、必死になってどこで利食うか?どこで損切るか?などを考え始めるのです。


(そもそも、この出口の目星をつけておかないと、エントリーするべきか?見送るべきか?の判断が出来ないし、持つ枚数も決まりません。よって、エントリーは出来ない。笑)






このことがどんなに危険な事かは、あなたはもうわかりますよね?






ほとんどの人が”トレードルール”を持たずに、その場の判断でトレードしてしまっています。というかもう、ルールを作ろうともしない。


そして、エントリーする時には、自分の期待する結果以外は見えていません。だから損が出始めると、それを認められない。





そんなことしてたら勝てませんよ~ってしっかり証明されているのにも関わらず、ですよ?


こういう人たちは、戦う舞台にすら上がれていません。はっきり言ってカモです。





なので、あなたは今お伝えしたことをしっかりと考えて、まずは自分にあったルール作りから始めて頂ければと思います。




というわけで、「FXは人間には向いていないシリーズ」第一弾は以上です^^

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。





「私は絶対にカモにはなりたくないので、まずはルールを作るために基礎知識をインプットしまくりやす!」という方は、応援クリックよろしくお願いします^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村




次へ⇒FXは人間には向いていないシリーズ② ~もう我慢できない。許せない。~
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。