FXは人間には向いていないシリーズ④ ~続・初心者トレーダーの「三大疾病」~ - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXは人間には向いていないシリーズ④ ~続・初心者トレーダーの「三大疾病」~

どうも。投資家スケーターです。

前回の⇒FXは人間には向いていないシリーズ③ ~初心者トレーダーの「三大疾病」~では、ポジポジ病について原因と対処法をお伝えしました。


私も重度のポジポジ病だった為、ついつい熱くなってしまい、予想外に2部に分けることになってしまいました。


が、私は気づきました。


この初心者トレーダーの三大疾病は一気に全部なんか解説出来るようなものではない。


むしろ、してはいけない、と。


なので、全3部作でお届けします。


というわけで、今回は初心者トレーダーの三大疾病の残りの2つのうちの1つを見ていきましょう。

応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)



では早速、前回の続きから行きましょう!


②コツコツドカン



こちらの病気の症状は、

「コツコツ」貯めた利益を、1回の負けで「ドカン!」と吐き出す



というものです。


損大利小ってやつですね。



私がこの言葉「コツコツドカン」という言葉を初めて知ったときは、少し笑ってしまいました。


「お、おれの事だ!」


と。笑



しかし、この病気を治さなければ、苦労のわりに利益は残りませんし、

なにより、精神に多大なるダメージを食らいます。



「なんだったんだ・・・。今までの苦労は・・・。」


となり、


今まで無駄にしてしまった時間を取り戻そうと、安易にロットを上げてしまい、


またドカン!


とやられて、あっという間に退場~、なんてことにもなりかねません。



トレードは本当に精神的な部分が、大きく自分のパフォーマンスを左右します。



なので、一発ドカンとやられたとしても、努めて冷静に。

とりあえず、コーヒーでも淹れて、心を落ち着かせてもいいかもしれませんね^^


なぜコツコツドカンが起こるのか?



この病気に陥ってしまう人は、「プロスペクト理論」にがっちり支配されてしまっている可能性が高いです。

(プロスペクト理論ってなに?という方はこちらの記事へ⇒FXは人間には向いていないシリーズ① ~FXの難易度を劇的にあげてしまっている「ある理論」~


利益が出れば、それが無くなるのが嫌ですぐに利食いたくなってしてしまい、利益を伸ばすことができない。

損失はなかなか認められず、戻ってこい!とお祈り。大きな損失に膨らむまで、逆行しているのをただただ眺めてしまう、

というやつですね。



根本的な原因としてはやはり、

自分のトレードスタイルが定まっていない。自信がない。

というところにあるのかな、と。



そして、初心者トレーダーの三大疾病は、相互に密接な関係があります。


非常に厄介です・・・。



しかし、



逆に言えば、ひとつ治すことが出来れば、一気にすべて治る可能性もある、ということですね!^^


では、具体的な治療方法に移りましょう。


コツコツドカンを治すには?




この病気を治すには、まず、自分のトレードを数値で把握しておかなければなりません。


あなたは自分のトレード記録を付けていますか?

付けていないならば、今日からすぐ、付け始めることをおススメします。



「めんどくさい」という気持ちはすごーくわかります。笑



しかし、トレードで自由を掴みたいならば、「自分のトレードを記録する」ということは必ず行わなければなりません。

むしろ、この方法ほど効果的なモノを私は知りません。



なので、どんなにめんどくさくても、最低今から言う2つの項目だけは必ず把握するようにして下さい。



自分のトレードを測る2つの数値



それは勝率リスクリワードレシオです。



まず、自分の勝率を計算します。

総トレード数÷勝ちトレード数=勝率



1週間ごとに自分の勝率を計算して下さい。

一日のトレード回数が多い人は、デイリーベースでの勝率を計算しましょう。



自分の勝率をしっかり数値で把握する。



勝率だけにこだわる必要は全然ないですが、

あなたのトレードを測る重要な指標のひとつですので、

必ず把握して下さい。



次に、リスクリワードレシオを計算しましょう。

リスクリワードレシオ=平均利益額÷平均損失額




平均利益の計算方法は、

総利益額÷勝ちトレード数=平均利益額


平均損失の計算方法は、

総損失額÷負けトレード数=平均損失


です。


これで出た数値が「リスクリワードレシオ」です。R倍数とも呼ばれます。


これが「1」ならば、利益と損失が同じ。


「1」を上回るようなら、あなたのトレードは「損小利大」。


逆に「1」を割り込むようであれば、「損大利小」。


つまり、「コツコツドカン」の気配アリ、となります。


大事なのはバランス



この勝率とリスクリワードレシオ、どちらも高ければ言うことなしなのですが、そうも簡単には行きません。


トレードの世界では、何かを選択すれば、その代わりに何かを捨てなければなりません。



これは、そういうものだ、と諦めねばなりません。



大事なのは、この勝率とリスクリワードレシオのバランスです。


RRレシオ



このくらいの割合でなければ、利益を残すのは難しくなります。


かと言って、リスクリワードレシオを上げるために、平均利益を上げようとするのは難しいです。


「どこまで伸びるかは相場のみぞ知る」


ですからね。


であるならば、我々が出来ることは平均損失を抑えることのみ。




勝率はエントリーポイントを厳選することでしか、上げることはできません。



このエントリーポイントを絞る、ということこそ、勝率も上げる要因にもなるし、平均損失を下げることにもつがなります。



初心者トレーダーの三大疾病はこれさえできるようになれば、すべて一撃で治る可能性すらある重要項目です。



そして、


重要なのは、自分が使っているトレード手法と、その結果が合致しているかをしっかり意識することだと私は思います。



トレンドフォローであれば、勝率は落ちるが、1回の獲得利益は大きくなる。

逆張りであれば、勝率は上がるが、1回の獲得利益は少なくなる。




あなたがトレンドフォローを狙っているのに、細かく損切り出来ないのであれば、本当のトレンドに乗るまでに、かなりのダメージを食らいます。


晴れてしっかりトレンドに乗れたとしても、今までの分の損失をそのトレンドで回収せねばという、余計なプレッシャーがかかることでしょう。




あなたが逆張りを狙っているのに、いざトレンドが出て引かされた時に損切り出来なければ、一撃で多大なるダメージを食らいます。

いままでの利益を一瞬で吐き出してしまします。

(そもそも、初心者はあんまり逆張り狙うべきではない、と私は思ってます。)




自分がどのようなトレードをしたいのか?


まずそこをはっきりさせて、諦めるところはしっかり諦める。


ここが超重要です。


「与えよ、さらば与えられん」


です。









で、



勝率とリスクリワードレシオを健全な数値にすることに意識を向けましょう。


何回負けてもいいんです。


薄利で利食っても別にいいんです。




それが、あなたが選んだ手法ならば。





なので、


まずは、自分にはどのようなトレードスタイルが合っているかを見つけましょう。


どの手法が、利益が最大化するか?ではなく、なるべく精神的に負荷がかからないものを選ぶのがベストです。



そのためには、いろんな戦術を学んで、試す。



これをリアルトレードでやっていては、お金がいくらあっても足りないので、


やはり、FT2を使うか、デモトレードか、


エアトレードでもいいです。



エアトレードとは、エントリーしたつもりになって相場を眺める、というものです。



これのメリットは、自分のエントリーした方向への無駄な期待感を背負うことがないので、

フラットな目線で相場を見ることが出来ます。



その結果、自分なりのベストな損切りポイントを見つけ出しやすくなります。



本当にエントリーしているわけではないので「も、戻ってくるまで待とう・・・。」

なんて思うこともなく、「はい!損切り!」と今まで出来なかった決断が、あっさりできるようになります。



そして、そいういうトレーニングをしてるんだ、と意識することも大事です。


適当にやってても意味ないですからね^^;



これをしっかりやれば、徐々にリアルトレードでも自分の手法で撤退すべきポイントで、潔く撤退出来るようになります。




その他にも、エアトレードには勝てるトレーダーになるためのエッセンスがいっぱい詰まってます。




トレード技術向上のためには、一番ネックになる「お金」という概念抜きに相場を見ることはとても大切ですよ^^











というわけで、初心者トレーダーの三大疾病、2つめは「コツコツドカン」でした。



もうこれ初心者トレーダーの三大疾病の全部に言えることなんですが、

やっぱりみんな経験しますよ、これ、全部^^;



きっと初心者からステップアップするための試練なんです。


なので、


「うわ~、おれかかっちゃってるよ・・・。」


なんて落ち込む必要はないです。




長いレンジほど、ブレイクしたときは伸びます。




そう、晴れて治すことが出来れば、あなたは確実にレベルアップ出来るんです。


そう考えれば、チャンスですよね、むしろ。




なので、このチャンスを直視することから逃げないで下さい。


自分の頭で、どうやったら治るか真剣に考えるんです。


その姿勢だけ貫けば、いつかは分かりませんが、近い将来あなたの中のレンジは必ずブレイクします。




きっと、




上方向に・・・^^









PS.
「さ、最後に不謹慎なこといいやがって・・・。下抜けしたら、どうすんだよ・・・。」という方。


これもまた、

そうなった時の「シナリオ」を立てておいて、対処すればいいんです。


泥臭く行きましょう。


人より多くトライアンドエラーしたトレーダーは、きっと長く生き残れますよ。


初心者の内に、ありとあらゆる失敗を経験しておきましょう~^^









いつもありがとうございます!応援クリックよろしくお願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村




次へ⇒FXは人間には向いていないシリーズ⑤ ~最終回・初心者トレーダーの「三大疾病」~
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。