③優位性の認識 - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③優位性の認識

どうも。投資家スケーターです。



リスク管理の要素は、大きく分けて3つ。


①ポジション管理


②ドローダウン


③優位性の認識


ということでした。



今回は、③優位性の認識について解説します。


この「優位性」という言葉、トレードの解説では必ずと言っていいほど登場します。



「優位性のある場面で仕掛けなさい」「優位性が現れるまで待ちなさい」「優位性は・・・・」




・・・。




「いや、まず優位性ってなによ!?」


応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)

まずその「優位性」という言葉の意味を教えてくれ!




「優位性って、いったい何を見ればいいんだよ!」

「具体的にはどういうこと?」


「というか、ブログ、教材ごとに微妙に使ってる意味のニュアンス違くない??」




初心者トレーダーだった私の、心の叫びです。笑





ということで、




本題に入る前に、

まずは私が認識している「優位性(=エッジ)」というものの意味を、

なるべく詳しくお伝えしたいと思います。



まず、あらかじめご理解頂きたいのが、

「優位性」というものが指す対象は、

あなたが「相場の何を(どこを)取りに行くか」で変る、ということ。



だから、一概に「どーん!これが優位性です!」みたいなことは言えないんですね。







例えば、あなたがトレンドフォローを狙うとする。




となると、相場にトレンドが出ないことには始まりません。


ということは、トレンドの出やすい場面まで待たないといけませんよね?



では、「トレンドが出そうだ!」と判断するための後押しになる材料はなんでしょうか?



まずは長期足の流れとボラティリティですね^^


その時、ユーロ/ドルの相場が長いことレンジを形成していた。

長期足で見て、ボリンジャーバンドは完全に平行で、スクイーズしている様な状態。


で、


いよいよ、5分足で上方向にエクスパンションを起こした。15分足にもその波は波及した。ボラティリティが拡大してきました。



現在時刻は日本時間の16:00ちょい過ぎ。時間帯的にも、トレンドが出そうな感じ。



一度上へ大きく伸びたレートが一旦落ちてきて、

レンジの上値を押さえていたレジスタンスラインにサポートされて再度上昇。さらに20期間移動平均のサポートも加わった。



その後、順調に上昇。4時間足の終値がしっかり、今までレジスタンスだったラインの上で確定した。






はい。




ここまでつらつら述べてきた事の全部がトレンドフォローを狙う時の「優位性」です。





文字通り、全部です。






ひとつづつ見ていきましょう。





まず、「トレンドフォローを狙う」ということをしっかり決めて、それまで待った。



すでに、このことが「優位性」があると言えます。



自分の狙いがしっかり定まっている時点で、

狙いが定まっておらず、目の前の値動きに翻弄されている人と比べて、

遥かにエッジが効いています。






次。





長期足がレンジになっていて、スクイーズしていたところから、拡大していく場面だということ。


これもトレンドフォローを仕掛けるための、重要な「優位性」と言えます。








そして、時間帯。



選んだ通貨ペアがユーロ/ドルで、

ちょうどロンドンセッションが始まる16:00を過ぎた時点からボラティリティが拡大し始めた。


もちろん、そのまま勢いが続く可能性が高いですよね^^


つまりこれも「優位性」。





一発目の抜けで大きく動いたところを見送り、

しっかりサポレジ転換と移動平均のサポート、

追従の買いが入ってくることを確認した。



これも完全に「優位性」のある行動です。






そして、



4時間足レベルで、これまでのレジンスタンスを抜けたということは、

多くの人が「レンジを上抜けた!」と判断することでしょう。



したがって、これもまたトレンドフォローにとって、「優位性がある」と言えます。







逆に、

あなたがレンジで逆張りを狙うとすると、

いままで言ってきた条件のほぼすべてが、「優位性」ではなくなります





お分かりいただけましたでしょうか?




「優位性」ということの意味を。





とにかく大前提として、

「自分が相場のどこを狙うのか?」

これが定まっていないと、優位性もへったくれもないということ。




そして、その自分の狙いの通りになりそうだ、ということを裏付けするような要素。



これを見つけることが、優位性を見つけるということです。



さらには、


その値動きから、相場参加者のポジションの性質(新規か決済か)を見極めること。


これも「優位性」です。




これらの要素を見つけるのが上手になることを、

相場観を磨くこと

というのだ、と私は認識しています。




それを踏まえて、3つのリスク管理の最後の要素を考える






それでは、いよいよ本題です。




いままでの「優位性」の話は、

どちらかというと、

「攻め」の話のような気がしますよね?




しかし、これも含めて「リスク管理」なんです。




つまり、



優位性のないところでポジションを取らないこと。




これが、リスク管理の最後の要素であり、最も重要な要素です。




しつこいようかもしれませんが、

これは、あなたが狙う戦術にとっての優位性という意味ですよ^^




なので、自分が「トレンド発生後の2波を狙う!」と決めたなら、

その優位性が見て取れるまで、虎視眈々と待たねばならないし、



「レンジで逆張りを狙う!」と決めたなら、

前者とは、まるで違う優位性を探し、その出現を待たなければならないのです。




手仕舞いは、その優位性が消滅したときです。



前者で言えば、

「高値付近で2度跳ね返された。」

「もみ合いを始めて上値が重くなり始めた。」

「直近の抵抗体に到達した。」

など。



後者で言えば、

もうそのままなんですが、

「レンジをブレイクされた」

などです。





その判断をするのは、言うまでもなくあなたですし、


だとすれば、その判断基準はシンプルな方がいいでしょう。






さらには、何においても一貫性が必要です。



狙うと決めたもの以外には目もくれない姿勢。



これがすごく大切。





その狙う対象自体を、適宜、自在に変えることが出来れば、

それに越したことはないでしょうが、

その分、リスクは増えるということは覚悟しておいてください。





初期の内は、ひとつの技を磨くとこに専念するのが賢明です。


得意技ひとつで、トレードで飯を食ってる人も大勢います。



それなのに、あえて、初心者のあなたが「あれも!これも!」と狙っていく必要は全くない。


むしろ、自滅行為でしかありません。



と、初心者のうちからすべての波を狙いまくっていた私が言っちゃいます。笑





以上が、リスク管理の最後の要素「③優位性の認識」です。




そうは言ってもさ~





とはいえ、

自分になにが合っているかを見つけるには、

やっぱり色々やって模索してみるしかないです。





いきなり、

「じゃ、おれガッツリ値幅捕りたいから、トレンド転換しか狙わんわ!」

とか、決めらんないです。




仮に、ゴリ押しで決めたとしても、

「精神的に無理!」「やっぱりなんか性に合わん!」

となる可能性も高いです。





なので、





私的には、





一旦、全部の波を狙ってみて欲しいと思います。





しかし、




リアルの相場で(デモでも)、

個別バラバラに、


「今はトレンド出てるからトレンドフォローで順張り!」

「ボラ縮小してきたから、逆張り!」

「あ!また方向感出たしトレンドフォロー!」

「トレンドの調整を逆張りでも狙ってみるぞ~!」

「で、ドテンして順張り♪」


なんてやって探しても、皆目無意味。



そんなんじゃ見つかるわけありません。1ミリも進歩なし。



むしろ、ゴールと反対に向って全力疾走してます、それ。







「全部の波を狙えって言ったん、お前やろ。矛盾しとるやん。」と聞こえてきました。





いや。





Forex Tester 2を使ってください。




順張りトレンドフォローの場合なら、

FT2で、ひたすらトレンドフォローの優位性がありそうな場面だけをやってみるんです。





それ以外は、早送り。




またトレンドフォローの優位性を見つけたら速度を戻して、再度、狙ってみる。




で、その優位性が消滅したら、早送り。




愚直に、同じ状況の場面だけを、同じ手法で狙いまくる。




この方法で1つずつ試してみて下さい。





すると、




だんだん、早送りとストップする判断基準が明確になってきて、

入るべきポイントも研ぎ澄まされて解ってくる手法が見つかるハズです。




気が付いたら利益も積みあがっている・・・。




そいつがあなたの相棒です。





もちろん、リアルの相場のスピードでも同じことをやれば、相棒を見つけることは出来ます。





これもまた、あなたがどっちを選ぶかですね^^







というわけで、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございました^^




【PS】


FT2のサイトに行ったら、たまたま、創立記念日セールをやっているのを発見しました!

25%OFFみたいなので、かなりお買い得です。あと3日間ほどでセール終了するみたいです~。



出来れば私もセールの時に買いたかった・・・。



そして、サイトのトップページの少し下の、ノートPCにはめ込みしてある動画のトップ画面になってる男性。



私は、松井秀喜にしか見えません。笑



サイトへはこちらからどうぞ~^^ ⇒Forex Tester 2




「うん。確かにゴジラ松井だ。あの男性。」と共感してくれる方は、応援クリックよろしくお願いします^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)




次へ⇒損切り、サイコー!
関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。