レンジブレイクアウトと4つのシナリオ - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンジブレイクアウトと4つのシナリオ

どうも。投資家スケーターです。


さっそく今回から数回に分けて、「スケーター的トレンドフォロー」で使う、2つのエントリー方法の内のひとつ、


レンジブレイクアウトからのエントリー方法を解説していきます。



トレンドフォローで勝ちやすい環境から解説しようかと思ったのですが、


まずは、使う戦術を知らないことには、


勝ちやすい場面だけ説明されてもピンとこないかと思い、


思い切って、エントリー方法から解説していきたいと思います!



そして、



これはトレードにまつわるすべてにおいて言えることですが、


方法だけを頭で理解していても、実際のトレードで使えるかと言えば、そうではありません。




この「レンジブレイクアウト」からのエントリー方法は、特にそうです。




人間の本能との真っ向勝負します。


だからこそ、優位性があります。




なので、まずは内容をしっかり理解して、必ず行動に移せるように訓練して下さいね^^


それでは始めましょう!


応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)

ちょっと待った、その前に




これから解説するエントリー方法は、

まずあなたが、

トレンド相場とレンジ相場を見分けられること、

トレンドのどの部分が一番伸びやすいか、

ラインが引けること、

レンジ相場の種類、

を分かっていることを前提に話していきます。



「や、ちょっと待って!自信ないかも!」


という方は、こちらの記事で基礎知識を付けてから、学んでくださいね^^

トレンド相場かレンジ相場かを見分ける

トレンドはどこまで続く?

チャートにラインを引く

レンジ相場を知る


OKでしょうか?


では、本題に入りましょう。




レンジブレイクアウトと4つのシナリオ




まずは、分かりやすいように、平行レンジの場合で解説していきますね。
レンジブレイクアウト解説
抜けました



抜けた一発目は、絶対とりに行かないで下さい。


ここが人間の本能との闘いです。



そもそも、いつ抜けるのかが分からないのと、

高確率で、一旦落ちてきます。




飛びつきたくなる気持ちは、よ~~~~~く分かります。

なぜなら、私も飛びつきまくっていたから。笑


入りたくなりますよね^^;


ただ、ここでエントリーするなら、毎回、必ずここでエントリーしなければなりません。


一貫性がないのが一番ダメなので。


気合で、毎回飛びついてください。



しかし、気合で毎回飛びついたとしても、勝率は5割もないと思います。


ほとんど、不毛です。



なので、入りたくなるのを、ぐぐぐ~っと堪える方に努力をして下さい。




進みます。




レンジを抜けました。



これで、「上を目指すのかな?」という仮説が立ちましたね。


この段階では、まだ、「仮説」なのです。



で、ここから4つのシナリオを想定します。
サポなし

ブレイク後、レンジの上値抵抗線になっていたラインまで落ちてこず、

早々に切り返して、再度上昇するパターンです。



ボリンジャーバンドでいうと、ずーっと2σと1σの間で推移しながら、伸びていくみたいな状態。
5555.png



チャートでは下げの場合でごめんなさい^^;

ちょうど、今日のユーロ/ドルでいい部分があったので。



ちなみにこれ、15分で見たら、戻しらしきものが見当たりません。

上のチャートは5分です。



「①サポート(レジスタンス)無し」が起こる時は、勢いが強い場面が多いです。



勢いが強い場面でレンジブレイクアウトのエントリーを狙っていくときは、

時間足をより短いものにしないと、

細かな動きが見えないので、入るきっかけを掴みそびれることがあります。



しかし、逆に、ちょっとの動きが、押し目や戻しに見えてしまうこともあります・・・。



ケースバイケースで、その時のエントリーに最適な時間足を選ぶ技術も磨かねばなりませんね^^


サポアリ

落ちてきたレートが、ブレイク前のレジスタンスにしっかりサポートされて上昇するパターン。


これは、レンジブレイクアウトでのエントリーの王道ですね。教科書に載ってるやつです。



ここまで、しっかり根拠を示してくれると非常に入りやすい。



しかし、大前提として、「クリティカルなラインが引けていること」が必須です。



実際のチャートでのレンジの上限と下限って分かりにくいですよね?


私の図みたいなレンジはなかなかない。しかも、実際は「線」じゃなくて「ローソク足」だから迷いますよね?



大丈夫です。


チャートにラインを引く」でもお伝えした通り、

基本は、4時間・日足の「高値・安値」と「意識される押し安値・意識される戻り高値」の実体が切り返している所に引いて下さい。


うまいこと、サポートかレジスタンスのどちらかが、その引き方したラインになってるはずです^^


むしろ、


4時間・日足で引いたラインから遠いところで揉み合ってるレンジは手出ししない方がいいです。



レンジブレイクアウト 聖杯


こちらは、②の条件に、20期間移動平均のサポートが加わったパターンです。

もちろん、ボリバンのミドルバンドでもいいです。



あ、水色のひょろひょろな線が移動平均線です。汚くてすいません^^;



これは、新マーケットの魔術師でもインタビューを受けているリンダ・ブラッドフォード・ラシュキさんの「聖杯」という手法です。


魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門
魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門


こちらの本に載っています。(ちなみに、この本3万円。驚愕。)



私は、このパターンを見つければ迷わずエントリーします。強めのロットで^^


それくらい高勝率。


20期間移動平均が長期足のもの(1分<5分<15分<1時間<・・・・)であればあるほど、信頼していきます。



しかし、



なかなか現れません、このパターン。



こればっかしはしょうがない。


見かけたら、必ずエントリーしておきたいところですね^^


あくまで、高勝率。100%勝てるわけではありません。

許容損失の範囲内でロットは決めましょう。って言わなくてもわかってますね^^)


レンジブレイクアウト ダマシ


ショックなパターンです。

エントリーのパターンではないですが、もちろんこのパターンも想定しておきましょう。


一旦、損切って、次のブレイクに備えましょう!



レンジをブレイクしたら、以上の4つのパターンを想定します。




エントリーは1発では決まらない?




レンジをブレイクした。


4つのシナリオを想定した。


いざ、エントリ・・・。




「って、実際にどのシナリオでエントリーすればいいんだ?」





はい。悩ましいのはこの部分です。



これは、終わってみないと、どのシナリオが正しかったのかは分かりません。



なので、全部試す。


これしかないです。


切り返した!と感じたなら、入ってしまえばいい。



レンジブレイクアウトでのエントリーの基本はこうです。
レンジブレイクアウト エリア

あなたはすでに、1トレードあたりに自分が背負える最大許容損失を把握しているはず。



レンジブレイクアウトでのエントリーの際は、このエリアを1トレードとして考えます。



いままでの1トレードでの最大許容損失額をそのまま使ってもいいし、

総資金とのリスク率5%の金額に設定してもいいです。




とにかく、1発で決まるなんて思わない。



まずは、最終撤退ラインまでのPips数の確認。

その上で、「このロット数のポジションなら、何発まで打てる」ということをあらかじめ把握しておくこと。




作戦は2つあります。



①ちまちま損切り作戦
レンジブレイクアウト 即切り




②分割エントリー作戦
レンジブレイクアウト なんぴん



2つの作戦は、それぞれにメリットとデメリットがあります。


①「ちまちま損切り作戦」の場合は、

結局上昇せず、損切りになった場合のダメージが少なくて済む。

が、

思惑通り上昇した場合、ちまちま損切った分、利益が減る。


②「分割エントリー作戦」の場合は、

結局上昇せず、損切りになった場合は「ちまちま損切り作戦」の時よりデカイ。

(とはいえ、この場合の損失を、自分の最大許容損失に収まるように計算してロットを考てるから問題なし。)


が、

思惑通り上昇すれば、万々歳。



どっちを選ぶかは、あなた次第。



それか、

レンジブレイクアウト 普通


この場合は、上昇せず損切りになった場合のダメージは、上の2つの作戦のどちらよりもデカいです。


そして、


思惑通り上昇しても、エントリーしたポイントが高い位置だったら、

その位置を超えて伸びた分しか利益になりませんので、少々辛いかなと。





まあ、エントリーした後、グングン伸びて行けば、入り方はどれでもいいんですが、



最悪の自体を想定すると、2つの作戦のどちらかを使うのがいいのかなと思います。





おさらい




というわけで、今回は、


レンジブレイクアウトでのエントリーの際に、想定しておくべき4つのシナリオを知ってもらいました。


①サポート(レジスタンス)無し

②サポート(レジスタンス)有り

③サポート(レジスタンス)有り+20期間移動平均 (聖杯)

④ダマシ


ですね。



次に、

エントリーの方法についてでした。


基本、どのシナリオになるかはわからない。


なので、


ブレイクアウトからのエントリーを、エリアで1トレードとして考え、

怪しい動きが見られたら、とにかく入ってみる。



その時の、ポジショニングの作戦は2つ。


①ちまちま損切り作戦

②分割エントリー作戦


でしたね。


もしくは、

普通に1発入れて、見守るか。





イメージ沸きますでしょうか?



今回の宿題




というわけで、今回のワークです。



Forex Tester 2でレンジブレイクアウト後の動きを、4つのシナリオをイメージしながら、


まずは、抜けの第一波目を強靭な心を持ってして、”静観する”練習をしてください。



絶対に、飛びつかないこと



もう、この練習だけに、1か月とかかけちゃっても全然いいです。



それくらい、



レンジブレイクアウトの場面において、


1発目の抜けを見送るというのは重要で、


圧倒的な優位性を手にすることができる行動なのです。




これが出来るようになったら、



お次は、4つのシナリオを意識してのエントリーです。



どのシナリオになるのか?

それぞれのシナリオの時に、なにか自分の中で、共通点を見出すことができるでしょうか?



最後に、



ちまちま損切り作戦、分割エントリー作戦、普通に1発でエントリー、どれが調子いいか試してみて下さい。



今回のワークは盛りだくさんですね^^


とりあえずは、「一発目を静観」。


これができれば、レンジブレイクアウトは8割頂いたも同然です!


是非、身に着けてください。



Forex Tester 2がない方は、デモなりリアルでなりでやるしかないですね!



過去チャートでは、ローソク足が既に出来上がってしまっているので、残念ながら、ほぼほぼ参考になりません。



やはり、Forex Tester 2があるのと、ないのでは、それだけで優位性がある、と言っても過言ではないです。




というわけで、今回は以上です!ありがとうございました^^





いつもありがとうございます!今日も、応援クリックしてくれると喜びます^^


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)




関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。