①長期足ブレイクアウトでの短期足トレンドフォロー - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

①長期足ブレイクアウトでの短期足トレンドフォロー

どうも。投資家スケーターです。



いよいよ、環境認識の部分に入っていきます。



ここまでで学んできた、


エントリー方法(4点目が決まったら乗り込む!、波形を意識する)、

4つのシナリオ、

ボラティリティの爆発


の3つを、


今からお伝えする「長期足のある部分で探していこうぜ!というのが、「スケーター的トレンドフォロー」の全体像になります。




その「長期足のある部分」とは、


①長期足ブレイクアウト


②長期足が明確なトレンド状態


③長期足レンジ


④長期足の節目


ということでしたね。




今回は、その中の①長期足ブレイクアウトの場合を解説していきます。



応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)



まずは確認




その前に、ちょっと確認しておきましょう。




ここで実際に環境認識にメインで使っていく長期足とは、


日足、4時間足、1時間足


のこととさせて下さい。




もちろん、


年足、月足、週足


も見ますが、これらの目線(アップトレンドか?ダウントレンドか?)は、あまり気にしないものとします。



なぜなら、値幅、時間共に、長すぎるから。



もちろん、大きな流れを把握しておくのは大切なので、これらの時間軸での目線を「知っておく」のは大切ですが、


月足でダウントレンドでも、買いでも狙うし、

週足でアップトレンドでも、売りでも狙っていきます。



しかしながら、これらの時間足で引ける節目のラインは超重要視します。



水平線だけは、特別扱いです。



ここは絶対におろそかにはしません。



むしろ、(年足、)月足、週足で引けるラインは最強。



跳ね返す力も半端ないし、万が一、突破したとすれば、大きく抜けていくのではないか、と予想されます。




というわけで、



月足、週足で引けるラインは、必ず事前に引いておく&色を変えておきましょう。






もうひとつ確認





日足のローソク足1本の中に、4時間足が何本入っているか、ご存知でしょうか?


4時間足のローソク足1本の中に、15分のローソク足が何本入っているかは?


1時間足のローソク足1本の中に、5分足のローソク足は何本??




答えられますか?



電卓使ってもいいですよ^^



暗算力のを試したいのではないので。




もったいぶらずに、答えを言いますね。



日足1本⇒4時間足6本


4時間足1本⇒15分足16本


1時間足1本⇒5分足12本



ですよね^^



ここはOKでしょうか?




で、



何が言いたかったのかというと、



逆にですが、短期足がある程度のトレンドを描かないと、長期足はローソク足すらまともに作ることが出来ません。



図にすると、


マトリョーシカ


ということが言いたかった。





この考え方を、絶対に忘れないで下さい。



そして、



スケーター的トレンドフォローでは、これを環境認識に上手いこと利用してしまおう、というワケなんです。







長期足ブレイクアウトの環境下での、短期足トレンドフォロー






それでは、お待たせしました。本題に入ります。



日足、4時間、1時間、どれでもいいんですが、


あまり時間足が長すぎると、ブレイクアウトというのはなかなか少ないように思うので、


今回は、1時間で解説しますね^^



1時間足



こんな感じに、1時間足でレンジになってましたよ~と。



あっ、言っときますけど、レンジを見つけたら、ものすごい勢いで喜んでくださいね^^


道端に大金が無防備に落ちているみたいなもんですから。


ちょっと、気合入れれば、割と簡単に拾えるという・・・。


これを喜ばないわけにはいきませんよね。



まあ、たまーーに誰かに拾われちゃうこともありますが・・・。笑



そんな時は、素直に諦めて、無理に奪い返さないよ~にしま・・・・



とか言ってる間に、抜けました!!


1時間足1



そうすると、たぶんこんな感じになってるハズなんですね。


1時間足12




そこで、波形を意識&4つのシナリオ&ボラティリティの爆発(短期足の)を複合的に判断して、5分足のトレンドを利益に変えて行こう!というワケです。


1時間足123



1時間足1234




4点目が確定するまでの待ち時間が長すぎるのと、


短期足でなら、一発目の抜けで利益抜いて、上値抵抗線だったラインでサポートされたタイミングで入ってまた利益を抜ける可能性が高いです。


1時間足12345



つまり、


「長期足のレンジを上抜けた」=「レンジの上値抵抗線の上にレートがある限り、上方向への圧力が入ってくる可能性が高い」という優位性を生かして、短期足でひたすら買いで狙っていきましょう、ということです。





言うまでもなく、




レートが、また元のレンジ内に戻っていくようなら、この優位性は消滅したとみなし、損切ってまた待機です。





これが、スケーター的トレンドフォローを狙うべき場面、その①「長期足ブレイクアウト」です。





今回の宿題




今回のワークです。


長期足でレンジ⇒ブレイクアウトの流れが出来ている所を、短期足に切り替えて見てみて下さい。


特に、一発目の抜けで、ローソク足がびょーーんと飛び出ている所。



きっと、短期足で順張りで入れるタイミングが見つかると思います。



Forex Tester 2を持ってる人は、長期足と短期足の2枚のチャートを出して、同時に観察すると、より今回の話の理解度が深まると思います。



私の話はすべて、実際に自分で探して確かめた上で、実戦に投入して下さいね^^




ウソ言ってるかもしれませんので。



とまぁ、それは冗談として。笑



相場では、知識はそのままでは使い物にならないことが往々にしてあるので、必ず、実践して知恵に変えて下さい!





それでは、今回は以上です!ありがとうございました^^




【PS】

長期足の環境の優位性の他に、時間対、相関関係、ファンダメンタルなども加味することを忘れずに。


特に、ファンダメンタル。


最近は要注意ですね!


ようわからんとしても、経済指標の発表スケジュールやロイターのトップの画面では何が話題になっているかくらいは把握しておきましょう!


用心、用心!









いつも応援クリックしてくれているあなた!本当にうれしいです!ありがとうございます^^

ますます私も精進していきますので、これからもよろしくお願いします^^



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)




関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。