波形を捉えるコツ - スケーター的FX投資術のススメ

いつもご観覧ありがとうございます。

このブログは引っ越ししました。

新ブログの方はさらに内容がパワーアップしております。
というか、
ほぼ別物くらいの勢いなのでご注意くださいませ^^

新URL⇒http://fx-skater.com/wp/
(こちらのブログは資料としてしばらくは残しておきます。)

さらに、
無料メルマガ講座、はじめました!


詳細はこちら⇒http://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

メルマガ読者限定プレゼント有り〼
上記のリンクからプレゼント内容を確認してくださいませ~( *´艸`)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波形を捉えるコツ

どうも。投資家スケーターです。



エントリータイミングを測る上で、一番大切になってくるのが、波形です。


価格は必ず波を描いて進んでいます。




狙っていく方向が決まったなら、


あとは、その方向に価格の波が切り返していくポイントを見極め、そこを捉える。




言葉にすると簡単に聞こえますが、これを実際動いているチャートでやろうとすると一筋縄では行きません。




「上昇に切り返すだろうと思ってエントリーしたのに、そのままズルズル下落された・・・。」

「そろそろ、上昇に切り返すかな?とは思ったが、どのタイミングで入ればいいか考えているうちに、レートが昇って行ってしまい、入りそびれた・・・。」


なんてことはよーーーく起こるのではないでしょうか?




今回は、そんな悲しいことを少しでも減らすためのコツをお伝えしたいと思います。



応援ポチしてから読んでくれると嬉しいです^^

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)


ローソク足を注視せよ!





波形を捉えるのって難しいですよね^^;



どこが底で、どこが天井なのかは、過ぎてしまったチャートを見れば一目瞭然なのですが、


実際リアルタイムでどこがそうなるかは、なかなか判断に迷うと思います。




この波形を捉える技術を養うには、やはり、「練習する」しかないと言えばそうなのですが、


ただひたすら感覚に頼って練習していても効率が悪いです。




なにか目安となるものが欲しいところ。





その目安となるものを、ローソク足から読み取ることが出来ます。




波が切り返していくポイントには、ローソク足にその前兆が現れます。




その前兆に気付くことが出来れば、


「お!そろそろ切り返す気なのかな!?」


と、事前に予想することが出来ます。





あらかじめ予想が出来ているなら、


実際に切り返していく瞬間に素早く反応して、上手く波に乗っていくことが出来ると思いませんか?^^







その前兆はいくつかありまして、





ローソク足のヒゲ





まず、一つ目はローソク足のヒゲです。




ヒゲが出る、ということは、「一旦その方向へレートが伸びたが、またすぐに押し返された」ということです。




つまりそのことから、



ヒゲが出た方向とは、反対の方向への圧力が効いているということが読み取れます。




なので、


ローソク足にヒゲが出た=反対に切り返すかも?


という予想を立てることが出来ます。




ちなみに、ヒゲが長ければ長いほど、「反対方向に押し返す力が強い」ということが言えます。




ただ、短期足トレンドフォローで狙っていく波形のポイント(ダウ理論が確定する4点目)では、長ーーいヒゲが出るようなことはそんなにないのかなと。



まあでもこのことは知識として知っておいて損はないです。というか必須。




ということで、



しかるべき部分でヒゲが出た、


その次のローソク足が思惑方向へ伸びていきそうな挙動を見せたら・・・GO!ですね^^





ローソク足の並びと大きさ





もう一つは、ローソク足の並びと大きさです。




言うまでもなく、長い陽線というのは、「上方向への勢いが強い」と言えます。




では、その陽線のサイズが徐々に小さくなっていったとしたら・・・・?




「上方向への勢いが徐々に弱くなっている」



ということが言えます。




で、トドメにこんなやつが出ると・・・・。

迷い


「上への勢いが止まった・・・。」となります。





となると、その次は・・・下ですよね。






と言った具合に、ローソク足の並び順から、その場の過熱感を感じることが出来ます。





相場は、買いの攻撃と売りの攻撃を交互に繰り返しています。





わ~っと、買いの攻撃が入って、徐々に収まる・・・。


一旦、静寂が訪れる。


で、またわ~っと売りの攻撃が始まるわけです。





その一旦、静寂が訪れたタイミングに
迷い
これがよくでるんです。



こいつの仲間には、
迷い1
こんなやつらもいます。



どれも大体意味合いは同じです。



その次のローソク足からいままで来た方向とは反対方向に動く可能性が高いです。






それでは、いま言った2つのポイントに気を付けて、実際のチャートを見ていきましょうか。





GBPUSDM15ytoot.png




ポンド/ドルの15分足です。


まさに今、いいところがありました。



2本引いてあるラインの上のラインは今回の大暴落の底のラインです。


tyokki.png



大枠で流れは下。



ここは簡単には上抜いて行かないだろうなと思って、


跳ね返された後に、


短期足の目線が下に切り替わったら入りたいな~って見てたんですね。




で、15分で見てて、直近高値を作った「意思される押し安値」を下抜いた!


その後、じわじわ戻ってきて、ラインタッチで下落していきました~。




hige1.png



で、○の中に注目して下さい。


上から下への圧力がかなり効いてることが分かりますよね?


さらに + も出てますし。



「これは下げだな」、と。



タイミング的には、 + の次のローソク足が、陰線になった瞬間に入りました。





という感じで、



ローソク足のヒゲ、並びと大きさを統合的に判断して、波の転換点を捉えていきます。





ローソク足=集団心理です。




みんながそこで、どう感じたのかが、ローソク足としてチャートに描かれます。





それを手掛かりに、



買いの攻撃が終わり、売りの攻撃へ切り替わるポイントを、


売りの攻撃が終わり、買いの攻撃へ切り替わるポイントを見極めていきます。





エントリーポイントでなくても、このことに気を付けて勢いを見て行けば、波の転換点はだいたい捉えらるはずですよ^^



hige11.png






その時のローソク足の出来方なんかにもヒントが隠されているので、その辺も意識してみて下さいね^^






ということで、今回は以上です!ありがとうございました^^





【PS】


どーしても波形を上手くとらえられない!と言う方は、補助としてストキャスティクスを使って練習してみて下さい。


ストキャスティクスの詳しい使い方はぐぐってみて下さい。



シンプルに、ストキャスティクスの波形と、チャートに描かれた波形を合わせて見るだけでも、なにかしらに気付きが得られるはずです~^^




【PS2】


相場に絶対はないので、


今回言ったローソク足のヒゲ、並び、大きさ的に「ここから転換して下だろ~!これは!!」ってなったとしても、


余裕で上行ったりすることも、もちろんあります。




たまに、そんなときもあるんです。


仕方ない仕方ない^^










いつも応援クリックありがとうございます^^ あなたの思っている以上に、励みになっております!感謝!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

(PCの方は「Ctrl」押しながらクリックするとページが移動せずに済むので楽ちんです~^^)





次へ⇒利確のヒント① ~トレンドの強弱~


関連記事
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。